糖尿病と診断された方、また糖尿病予備軍の方、生活習慣で気をつけるべきものはなんなのか、一緒に考えていきましょう。糖尿病について考えないのは健康生活を脅かすリスクでしかありません。本気で向き合ってみませんか?

  • ホーム
  • HbA1C検査で診断出来る糖尿病は胼胝を悪化させる

HbA1C検査で診断出来る糖尿病は胼胝を悪化させる

医者と患者

糖尿病は、食生活や生活習慣などの環境因子や遺伝的因子により高血糖になると考えられている2型が、糖尿病患者の約95%を占めています。
糖尿病は、随時血糖検査では200mg/dl以上、早朝空腹時血糖検査では126mg/dL以上、75g経口ブドウ糖負荷試験では200mg/dl以上の検査数値が検出された場合は、世界保健機関の基準で糖尿病と診断されますが、血糖値は食事の状況などで大きく変動するので過去1カ月~2カ月の平均血糖値がわかるHbA1C検査も合わせて実施されています。

HbA1Cと呼ばれるグリコヘモグロビンは、赤血球の中に大量に存在するタンパクであるHbと呼ばれるヘモグロビンと血液中に存在するブドウ糖が結合する事で生成され、血液中の余剰ブドウ糖が多いほどHbA1Cが多く生成されます。
その為、NGSP値6.5%以上が糖尿病と診断されています。

糖尿病は、長年にわたる高血糖により足の神経が悪くなる神経障害や動脈硬化による四肢の血流障害など合併症に加え、高血糖状態により著しく免疫力が低下している為に、細菌感染し易く外傷や胼胝、靴ずれなどから細菌感染し易く、足の深部まで欠損を起こし膿が出る潰瘍となり、皮膚組織が死滅し黒変する壊疽へと進行する糖尿病足病変を発症するケースがあり、場合によっては足の切断手術を行います。

胼胝は、踵部や中足骨骨頭など四肢皮膚の下に骨などがある部位に多く生じる限局性の角質増殖であり、骨の形状異常や歩行姿勢の異常、足の形に合わない靴などにより限局部位に長期間にわたり断続的に摩擦などの機械的刺激が加えられる事で発症します。
胼胝の治療は、角質を軟化させる為に、スピール軟膏を2~5日間貼付し切削しますが、骨や関節の異常に対しては整形手術を行うケースもあります。

サイト内検索
人気記事一覧