糖尿病と診断された方、また糖尿病予備軍の方、生活習慣で気をつけるべきものはなんなのか、一緒に考えていきましょう。糖尿病について考えないのは健康生活を脅かすリスクでしかありません。本気で向き合ってみませんか?

更新履歴
さつまいもを食べている女性

国民病ともいわれている生活習慣病の代表格となる糖尿病ですが、症状が現れる人にはどのような特徴があるのか調査が進んでいます。
糖尿病と指摘された人について老若男女を分類した場合、調査からは明らかに男性のほうが糖尿病になる割合が多いとされています。
これは生活習慣の差によると考えられています。
男性のほうが仕事などのストレスによって飲酒や喫煙、運動不足などの不摂生な習慣を持ってしまう傾向が強く、このような習慣が発症の危険性に反映するとされています。
加えて、遺伝的な要素が重なって高血糖などの症状が出やすいことにつながっていきます。
男性の場合年代別に見ると、20代は発症率が低く、30代、40代、50代と次々と発症率が上がっていきます。
これは、不摂生な生活習慣が蓄積されたためといえます。

暴飲暴食や運動不足、無制限な喫煙などは年代が若いほどしがちで、発症後の進行も同様に若いほど早いことが知られています。
また、糖尿病性の合併症(腎症・網膜症・神経障害)も年代によって症状の進行スピードが変わります。
そのため、若い時期の発症を防ぐことが予防の観点では大切です。
一方、女性の場合も男性同様に、20代の発症率が低く、年代を経るごとに発症率が上がっていきます。
不摂生な生活習慣が糖尿病のきっかけになることは性別を問わず同じです。

男性の場合、糖尿病が原因で頻尿になる症状が多くみられます。
糖尿病に近づくと排尿時に糖分とともに余分な水分を排出してしまうのでのどが渇きやすくなります。
すると頻繁に水分を取ろうとするので頻尿になりやすくなるのです。
男性との大きな違いとして、女性特有の妊娠糖尿病の症状が挙げられます。
これは、妊娠中は糖に対する耐性が低下しして血糖値が高くなるというもので、出産後には通常の値まで戻ることが特徴です。
治療には他の糖尿病と同じく、食事療法や運動療法を行います。
また、胎児への影響を考え、飲み薬は極力使わずに、インスリン製剤の投与なども行われる場合があります。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ